せどりにおける値崩れは、基本的に供給が需要を上回った時に起きます。
あるフィギュアの人気が高かったとしても、出品者が増えれば、供給が需要を上回り、値崩れが起きることになります。
では、具体的に値崩れが起きる原因を見ていきましょう。
一つ目は、「有名なお店で仕入れをしている」。
全国展開しているような有名どころで仕入れたものは、ライバルも仕入れていると考えたほうがよいでしょう。
そのため、出品のタイミングが重複して値崩れするということがよくあります。
対処法としては、そういった所での仕入れはなるべく避けるようにしましょう。
二つ目は、「リサイクルショップを使っていない」。
初心者は、新品せどりに手を出しがちです。
これは確かに王道なのですが、その分ライバルも多くなります。
さらに、メーカーなども同じ商品を出品していることもあるので、場合によっては太刀打ちできなかったりします。
そのため、相場が変わりやすいリサイクルショップを利用することをお勧めします。
仕入れ値は下がりますし、中古でも利益を上げやすくなります。
三つ目は、「焦って早く売ろうとする」。
初心者は、資金繰りなどを考えて、値段を下げてでも、とにかく早く売ろうとする傾向があります。
そうすると、値崩れにつながってしまいます。
対処法の一つとしては、「適正な相場で売ることを心掛ける」ということが挙げられます。
相場というのは過去のレートですから、大いに参考にするべきです。
Amazonの相場は、モノレートを参考にするのがよいでしょう。
四つ目は、「値崩れすることを予想していない」。
初心者は、お店で仕入れられそうな商品を見付けると、すぐ購入してしまいますが、そこで何も考えず仕入れてしまうと、値崩れにつながりやすくなります。
まずはいったん立ち止まり、いくつかのポイントをチェックしましょう。
「ライバルは何人いるか」。
ライバルが多いほど、値崩れしやすくなります。
また、一口にライバルといっても、自己発送とFBA発送の2種類あり、後者のほうがカートを取りやすくなっているので、後者がどれだけいるかということをよく確認しましょう。
「Amazonが出品していないか」。
Amazonが出品している商品は、仕入れに対して慎重になるべきです。
Amazonはメーカーから卸値で仕入れているので、個人が挑んでもまず勝てません。
また、在庫もどれだけ持っているか分からず、商品によっては999個ということすらあります。